リフォーム会社のホームページの目的とは①

私が考えるリフォーム会社のWEBサイトの
目的について詳しく解説します。

 

WEBサイトの目的は自社の取り扱う
内装リフォームや外装リフォームや
防水リフォームなどの情報
会社の取組みなどに
ついて多くのユーザーにお伝えする為にあります。

更に大きく分類をすると
・集まってもらう目的
・頼んでもらう目的

つまり「集客」「セールス」
分けることが出来ます。

 

特に集める「集客」については、
まだリフォームについて探し始めで
情報を求めている方からすでに工事を
検討している方に分かれますが、

 

情報を求めている探し始めの
「これからリフォームを考えるお客様」
にとっては、すぐに工事依頼が出来る
「売り込みサイト」ではなく
「リフォーム情報サイト」
が求められていることがわかってきました。

 

もっと
外装リフォーム
内装リフォーム
防水リフォーム
についての情報が、、、

 

これからリフォームを考えるお客様に
有効な集客方法も一般的な売り込みページとは
異なりWEB広告方法も変わります。

 

それはまだ考え初めの
「これからリフォームを考えるお客様」は
「今すぐ工事を頼みたいお客様」ほど
検索をしないという特徴があります。

 

新聞折り込みなどのチラシであれば、
興味がなくても何となくいつも見ていたので
実際にリフォームをする際は連絡しようと
思い、問合せをしたという話はよく聞きます。

 

ただしWEBサイトは自らが探すという
「検索」行動をとらなければ出会うことは
ありません。

 

そして探し始めの方の取る行動として、
初期段階でまずはその関連する情報を
得ようと
「検索」により調べ始めます。

ところが世の中に存在するほとんどの
WEBサイトは商品購入や見積もり依頼をする
目的でサイト動線を作ってあるので、

 

今すぐ工事まで考えていない初期のお客様が
サイトを訪問しても得たい情報がなければ
すぐに帰ってしまいます。

 

つまりサイト内を見ることなく直帰
他のサイトに移動してしまうのです。

 

そこで、探し始めのお客様が求めている
「有益情報」を提供する必要があります。

 

つまり情報サイトです。
「セールス」という売り込みをしない
情報のみのサイトということになります。

当然そのサイトにはセールスサイトへの
リンクは入れておく必要がありますが、
まずはリフォームに関する情報を提供し、
リフォームに関する不安を解消
してもらうことを目的とします。