ホームページの問合せページについて①

ホームページの問合せページでの、訪問者の
行動率を上げる方法について詳しく説明します。

ホームページの目的は自社の紹介から
商品の紹介や購入など
広い範囲の目的があります。

 

リフォーム会社の場合の目的は「問合せ」
又は「見積もり依頼」という
ステップになっています。

 

いわゆる「コンバージョン」
と呼ばれている、ホームページの最終目的です。

 

そこでサイト内に様々な情報や、
問い合わせページに誘導する文章や
動線
を入れて問い合わせへと導く
努力がされています。

 

またサイトに訪問した方がどのページに
興味がありよく見られているかや、
サイトに興味が無く最初に開いたページで
すぐに別のサイトへ移動してしまう

直帰率などの情報を、

 

数値として分析することができる
「グーグルアナリティクス」という
解析ツールがあります。

 

この解析ツールではサイトに訪れた方が
どのような行動をとっているか
詳細に調べることが出来ます。

 

そこで注目をしなければいけない事が、
最終の問合せページになります。

この問合せページの作り方で、せっかく
問い合わせ又は見積もり依頼の直前まで
きていても行動をやめてしまう率
意外にも多いのです。

 

扱う商品やサイトの内容にもよりますが、
平均的には50%程度の行動率となっており、
全ての方が問合せをしていないということです。

 

つまり途中で気が変わったということです。
皆さんも、サイトを見ている間は「問合せ」
又は「商品購入」をしようと思っていたのに、

 

次の申込みや問い合わせページの段階で
気が変わったという経験
あるのではないでしょうか?

たとえば
・記入の必修項目がとても多くて面倒になりやめた
・わかりにくい部分があって進められなくなった
・本サイトとガラリと雰囲気が変わって不安になった

など、思い当たることはありませんか?

 

リフォーム会社のホームページも同様で、
見る側になってページを作ることが大切です。