収益物件や投資用不動産の賃貸マンションの原状回復リフォーム対策とは!

賃貸建物の退出後のリフォームで
大切な要点についてご説明します。

 

賃貸マンション、アパートの入退去の際には
原状回復リフォームを必ず行います。

一般的には建物の管理や入居募集を
依頼している不動産会社を通じて工事も
依頼することが多いと思います。

 

賃貸の収益建物は投資をして収益を
得るという賃貸経営です。

 

ですが多くのオーナーが勘違い
しがちなことは、初期の建物を建てた
という投資長期間の収益を得ようと
考えてしまっていることです。

 

建物は使用年数に応じて劣化をしたり
傷んだり古くなったりします。

 

定期的に傷んだ建物を修復する
必要があるのです。
この定期な修復こそ安定した収益を
得るためにとても大切なことです。

 

建物が新しい時は定期修復を考えずとも
空室の問題は発生しませんが、建物が
古くなると単純に元に戻すリフォームを
していても空室が徐々に増えてきてしまいます。

 

そういった現状に対し、
「いつもきれいにリフォームしているのに」
と言われるオーナーがほとんどです。

 

ですが、周辺には新しい賃貸建物が次々と建ち、
入居者の立場で見るとそのような建物と
比較すれば古い建物には魅力が
無くなっているでしょう。

つまり空室問題の答えは、単に元に戻す
リフォームではユーザーには
選ばれないということです。

 

時代の変化に応じた間取りの変更や、
内装デザインも考えたリフォームを
する必要があるのです。

 

そこで考えなければいけない事は、
依頼している不動産会社やリフォーム会社が
ちゃんと時代に合ったリフォーム工事の
提案をしているのか?ということです。

 

昨今、時代の変化がとても早く、
同じことが何年も通用しない
時代になっています。

 

数年前の常識が現在は
通用しないということです。

とても面倒なことのようですが、
その思案と工夫をしていかなければ、
古くなっていく賃貸建物を
満室経営することは出来ません。

 

是非オーナー自らが今までと同じ
考えから切り替えて新たな賃貸経営
することで、

 

空室期間の少ない収益率の高い
賃貸建物を維持することになるのです。